自己紹介文

ここはあたしのもう一つの居場所。

「非」日常と、「real」な自分を載せられる場所になったら。